産後抜け毛の原因や対策

産後抜け毛の原因・ケア方法対策などについての関連記事をまとています。

産後の抜け毛原因・ケア方法〜関連記事一覧記事一覧

育毛関係の商品は色々と発売されていますが、まだまだ途中段階といえます。しかしながらいろいろな民間療法で、実際に髪の毛が生えた、円形脱毛症が治ったといった効果が表れていることも事実です。民間療法といっても、きちんと髪のケアや栄養に注目することで、育毛効果を発揮していると言えるでしょう。抜け毛に置いて1番大きな原因は老化です。老化によって髪の毛の全てを担っている毛包幹細胞の数が減ってしまったり、ホルモ...

雑誌などを読んでいるとたまにポーラスヘアという言葉を目にするかと思います、これは乾燥した髪の毛のことをいいます。通常の乾燥よりも強く乾燥してしまいパサパサになってしまった状態の髪の毛を言います。これは産後の抜け毛の時期にも起きることがあります。体質変化やホルモンバランスの変化による点が大きいとされています。髪の毛のキューティクルが剥がれてしまうことにより、髪の毛の内部のタンパク質や水分が流出してし...

女性の抜け毛は産後だけではありません。男性の脱毛症などの問題は、食生活の乱れや大きなストレスがかかってしまったと言う生活習慣によるものや病気など、遺伝的な要素も大きいものです。しかしながら女性の髪の毛のトラブルは遺伝的要素が男性ほど強くありません。ホルモンバランスの乱れが頭皮や髪の毛に大きな影響を与えていると考えられます。白髪、抜け毛、薄毛といった女性の髪の毛の問題は、若年化が進んでいます。30代...

抜け毛や薄毛には男性ホルモンとの深い関わりがあるとされています。具体的にはテストステロンと言う成分との関わりが深いとされています。頭部の前の方や、頭頂部の髪の毛は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいとされています。男性ホルモンはこのような状態を作る際、毛根の細胞の中に入り、ジヒドロテストステロンと言う物質に変化します。ここで男性ホルモンからヒドロテストステロンへの変更を起こすのが、5αレダクタ...

髪の毛の元気がなくなってきたと実感するのは、主に30代だと言われています。これは年齢を重ねることによる血流の低下、女性ホルモンのバランスが崩れると行った原理原則的な原因があるとされています。具体的には、髪の毛の状態は年齢を重ねることによって変化してきます。髪の毛の太さも、弾力性も、30代半ばを過ぎたあたりから低下していきます。生活の状態によっては、20代後半からも髪の毛のピークを通りこしてしまい、...

昔から頭皮が固いと薄毛になりやすいといった言われがあります。ですが科学的には頭皮の硬さと抜け毛の直接的な関係は証明されていません。頭皮は、健康的な髪の形を目指そうと考えたときには、とても重要になる部分です。しかしながら、頭皮が固いからといって薄毛、抜け毛になりやすいわけではありません。逆に薄毛であるからといって頭皮が固いわけでもありません。もちろん血行を考えたときに、頭皮が固い状態にあると言う事は...

近年、女性物のシャンプーに始まり、ノンシリコンシャンプーに注目が集まっていますね。髪の毛のコーティングをして、ツヤを出してくれたり、指通りを良くしてくれるシリコン剤ですが、このシリコン剤を配合していないノンシリコンのシャンプーが髪の毛に良いのではないかと人気です。具体的に考えると、確かにノンシリコンのシャンプーは頭皮や上貫に対して負担が少ないといったメリットがあります。ですが、これが直接、薄毛、抜...

美しい髪の毛を作り上げるためには、血流を意識することが重要です。髪の毛の根本には、頭皮の血流を健康にすることが最も重要になります。毛根にとって重要な栄養をスムーズに行き渡らせるためには、スムーズな血流を意識することが重要なのです。しかしながら、女性も40歳を過ぎると、自律神経の乱れが表面化してきます。副交感神経が機能低下しつつ、交感神経が優位になりがちです。この状態は血管が狭くなりやすくなってしま...