腸内環境悪化で毒素がたまる?

美しい髪の毛を作り上げるためには、血流を意識することが重要です。

 

 

髪の毛の根本には、頭皮の血流を健康にすることが最も重要になります。
毛根にとって重要な栄養をスムーズに行き渡らせるためには、スムーズな血流を意識することが重要なのです。

 

 

しかしながら、女性も40歳を過ぎると、自律神経の乱れが表面化してきます。
副交感神経が機能低下しつつ、交感神経が優位になりがちです。

 

 

この状態は血管が狭くなりやすくなってしまい、頭皮の血流が悪化しやすくなります。
そうなると髪の毛やお肌の状態が悪化してしまうだけではなく、肩こりや疲労の形にもなりやすくなります。

 

 

ここで重要になってくるのが自律神経の健康なのですが、
以外と深い関わりを持っている部分に、腸内環境があります。

 

 

腸内環境はストレスや、疲労などによって簡単に悪化してしまいがちですが、
年齢を重ねることによっても善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れやすくなってしまい、栄養の吸収率なども体化しやすくなります。

 

そうなると体内の血流に影響が現れたします。

 

 

 

善玉菌を増やす事考えるのであれば、ヨーグルトが有名ですね。
その他食物繊維や、乳酸菌、オリゴ糖なども良いです。これががバランスよく働くと、腸内運動が促進されるため、溜まった毒素を排出しやすくなります。腸内環境が悪化してしまうと、血流に毒素が混ざり混んでしまい、結果的に髪の毛まで悪影響を及ぼすようになります。

 

 

女性にとって重要な食物繊維の量は、いちにち15グラム以上と言われています。
なかなか的確に食物繊維や、オリゴ糖等の善玉菌の根本を摂取できている人がいないため、
髪の毛のトラブルに悩む方が増えているのかもしれません。

 

関連ページ

毎日の抜け毛ケア〜頭皮ケア
毎日の抜け毛ケアから頭皮ケアまで説明します。
産後のポーラスヘアとは?
産後のポーラスヘアについて説明しています。
女性の抜け毛〜ホルモンバランスの乱れ
女性の抜け毛におけるホルモンバランスの乱れについて説明しています。
女性も知っておきたい男性の脱毛原因
男性の脱毛原因について
髪の毛のピークは30代?KAP5遺伝子の重要性
髪の毛のピークについて説明しています。
頭皮が硬いと薄毛?皮脂が多いのもダメ?
頭皮が硬いと薄毛になるといういわれについて
ノンシリシコンシャンプーは、本当に髪の毛に良いのか?
ノンシリシコンシャンプーについて