アンドロゲン脱毛症って?

アンドロゲン性脱毛症は
男性の薄毛と似たように男性ホルモンであるアンドロゲンが影響して女性に現れる脱毛症です。

 

 

女性であってもかなりの確率で存在しているとされています。

 

 

直接出産後に関わる事は少ないとされていますが、あくまでホルモン状態に影響を受けるため確実に怒ることがないとは言い切れません。

 

 

アンドロゲン性脱毛になる女性の多くは更年期が深く関わっているとされています。

 

 

そう言っても早い人では30代から40代の間で発症することも多いとされています。

 

 

これは女性ホルモンが減少することによって男性ホルモンが優位になるからです。

 

 

あくまで個人差がありますが、男性ホルモンは髪の毛の成長期間も短くしてしまう作用があるため薄毛につながるとされています。

 

 

出産後女性に現れる抜け毛は多くの場合は産後脱毛症と言われますが、
これとは別に女性のアンドロゲン性脱毛症の場合おでこの生え際などの抜け毛が目立つのではなく、頭頂部の髪の毛が薄くなってくることが特徴的です。男性の場合であっては、髪の毛がやせ細ってしまうことからスタートしますが、女性の場合は特に髪の毛の痩せ細りは関係なく、太いまま抜け毛が起きます。

 

 

 

これらはヘアーサイクルの成長期が短くなってしまうため休毛期が多くなってしまうため、全体の髪の毛の量が少なくなってしまう現象です。遺伝も関係しているとされています。壮年性の脱毛を改善するためには、ミノキシジルの効果が有効だとされていましたが、出産後の脱毛症に使う場合には副作用の問題があります。

 

 

特に授乳期間に置いて外用薬を使って抜け毛対策をする際には副作用について細かく調べる必要があるでしょう。

 

 

直接ホルモンをコントロールするホルモン治療もありますが、リスクも大きいため、出来る限り避けたいものです。

 

関連ページ

産後の円形脱毛症
産後の円形脱毛症の原因や対策、心の持ち方などについて説明しています。
出産後の脂漏性脱毛症、鉄欠乏脱毛、症候性脱毛、ホルモン異常脱毛
出産後の脂漏性脱毛症や鉄欠乏脱毛、症候性脱毛やホルモン異常脱毛について知ってきたい事です。
出産後の薬剤性脱毛症、赤ちゃんの圧迫性脱毛症、白髪など
出産後の薬剤性脱毛症や赤ちゃんの圧迫性脱毛症、白髪などで知っておきたい知識