ホントに一時的で治る?産後の円形脱毛症

出産後に様々な育児ストレスによって円形脱毛症になってしまい髪の抜け毛に悩み、さらにそれがストレスとなって抜け毛が増えてしまうといった悪循環に陥ってしまう新米のお母さんをよく見かけます。

 

 

円形脱毛症と言うと、ストレスの原因だと言われていますが、自分では直接的に感じるストレスがなかったとしても円形脱毛症になってしまう割合は多いとされています。

 

 

さらにアトピー性皮膚炎などといったアレルギーを持っている人では多くなる傾向にあります。
遺伝性も存在します。

 

 

 

しかしながら出産後の抜け毛、一般的な円形脱毛症の抜け毛はそのほとんどが自然治癒されるとされています。
そのため自然治癒までの間しっかりと頭皮の血流を健康に保ってあげることが重要になるのです。

 

 

 

しかしながら変形性脱毛症では、1カ所にできてそれが治れば終わりというわけではありません、出産後のストレスなど、根本的な原因をなくすことができなければ、再発を繰り返すことになります。

 

>>>産後の抜け毛を再発させない為の産後専用育毛剤ケアTOP3

 

 

出産後の円形脱毛症であっても、一般的な円形脱毛症であっても皮膚科に行った場合では結構の促進を促す塗り薬などが処方されます。漢方薬を使うとすれば、

  • 加味逍遥散
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯
などが有効だとされています。

 

 

しかしながら、こうした円形脱毛症が悪化してしまい髪の毛がすべて抜け落ちてしまうものを悪性脱毛といいます。

 

 

 

簡単な抜け毛だと放置してしまうと全体の約1%で発症するとされています。

 

 

この時使用する薬としてはステロイドの内服を行うことが多いとされていますが、薬をやめてしまうと再発してしまう上に、出産後なのであっては授乳に大きな影響を与えてしまいます。

 

 

しかしながら、悪性脱毛になってしまう方の場合、遺伝性であったり、なるべくしてなる方が多いとされているので、円形脱毛症になったからといって不安になる必要はありません。

 

 

 

基本的には頭皮の血流を促すマッサージなどを行いながら、気にすることなく生活しているだけで自然治癒するものです。

 

関連ページ

産後のアンドロゲン性脱毛症?
産後のアンドロゲン性脱毛症では、どのように対策や原因を突き止めれば良のか?
出産後の脂漏性脱毛症、鉄欠乏脱毛、症候性脱毛、ホルモン異常脱毛
出産後の脂漏性脱毛症や鉄欠乏脱毛、症候性脱毛やホルモン異常脱毛について知ってきたい事です。
出産後の薬剤性脱毛症、赤ちゃんの圧迫性脱毛症、白髪など
出産後の薬剤性脱毛症や赤ちゃんの圧迫性脱毛症、白髪などで知っておきたい知識