産後にはいろいろな脱毛症が起きる?

女性は妊娠することによって、大きく体質が変化するものです。特に出産後であっては、今まで起きることのなかった抜け毛や薄毛に悩むことも多くなることでしょう。

 

脂漏性脱毛症

これは頭皮に脂漏性皮膚炎が発症してしまったためにその影響下で抜け毛が発生するというものです。基本的には抜け毛の治療をすると言うより、脂漏皮膚炎を治療することが念頭になります。改善することができれば髪の毛は自然と入ってきます。脂漏性脱毛症の葉はいい育毛剤などを塗る際には曲よく刺激の少ない成分の入っているものを使うか、そもそも使用しないのがベストだと言われています。

鉄欠乏脱毛症

直接的な貧血の症状がなかったとしても、潜在的な体の中の鉄の量が少ない場合に発症してしまう脱毛です。潜在性鉄欠乏の状態であり女性の50%以上に見られるとされています。具体的には鉄を増やす薬などを利用することとなります。ですが出産後であっては、やはり輸入に対する副作用の心配がついて回るものでもあります。

症候性脱毛症

病気の原因によって抜け毛に落ちるものです。大きな病気にかかった後や感染症、肺炎等といったものの後に極度の信心的なストレスのために髪の毛がいちどに力落ちてしまうものです。基本的には体力が回復することができれば自然に位置するものですが、何か対策を練りたいと言うのであれば頭皮の血流をアップするようなマッサージをするのが良いでしょう。

ホルモン異常脱毛症

その名の通りホルモンの異常が契印で抜きになってしまう問題です。甲状腺機能低下症や膠原病が原因で抜け毛が起きてしまうことがあります。

 

関連ページ

産後のアンドロゲン性脱毛症?
産後のアンドロゲン性脱毛症では、どのように対策や原因を突き止めれば良のか?
産後の円形脱毛症
産後の円形脱毛症の原因や対策、心の持ち方などについて説明しています。
出産後の薬剤性脱毛症、赤ちゃんの圧迫性脱毛症、白髪など
出産後の薬剤性脱毛症や赤ちゃんの圧迫性脱毛症、白髪などで知っておきたい知識