産後の脱毛症を知る

薬剤性脱毛症

出産後の体力も弱っている時期に、薬剤を使用することによって抜け毛が起きてしまうことがあります。これは、特別出産後に限ったことではありません。
抗甲状腺薬、抗がん剤、血圧降下剤、抗うつ薬、傾向避妊薬などが主に関係してくる抜け毛なります。

圧迫型脱毛症

もう子に対して強い圧迫が長い間かかってしまうとその1部分の髪の毛が薄くなってきてしまうことがあります。具体的な理由としてはあくまで刺激が中心になります。赤ちゃんの頭では長い間枕が同じところに当たってしまっていることで後頭部あたりの脱毛が起きることがあります。一般的には、成長とともに改善されていくものです。その他、出産後のお母さんに起こりやすいのが髪の毛を強く縛ることによって起きる圧迫性の脱毛症です。どうしても育児をする際には髪の毛が邪魔になってしまい縛り話といったことが多くなるかと思いますが、長期間圧迫の状態が続いた上に抜け毛が起きてしまうともう毛根のダメージが大きくなり、改善が難しくなるとされています。

産後の白髪

出産後に白髪が多くなってしまうことも多いとされていますが、具体的には防ぐ事は難しいとされています。白髪に関することは解明されていない部分が多いとされています。直接的な原因としてはメラニン色素を作り出す細胞が年齢を重ねることによって損傷を受けることで、発生してしまうとされています。メラノサイトが大きく関係しています。しかしながらメラノサイトに対する予防策は今のところない状態です。白川若い人であっても発症してしまいます。特に出産後の体力が極端に落ちている期間や、体質が一気に変わってしまったタイミングでは白髪が増える方が多いとされています。白髪に対する対策としては、あくまで染め上げると言うことになってしまいますが、髪の毛の健康を考えるのであれば栄養をスムーズに行き渡せるように血流を促すことを第一に考えたいものです。

 

関連ページ

産後のアンドロゲン性脱毛症?
産後のアンドロゲン性脱毛症では、どのように対策や原因を突き止めれば良のか?
産後の円形脱毛症
産後の円形脱毛症の原因や対策、心の持ち方などについて説明しています。
出産後の脂漏性脱毛症、鉄欠乏脱毛、症候性脱毛、ホルモン異常脱毛
出産後の脂漏性脱毛症や鉄欠乏脱毛、症候性脱毛やホルモン異常脱毛について知ってきたい事です。