HARG療法は再生医療


新しい薄毛の治療法として注目を集めているのがHARG療法です。

 

HARG療法は、男女を問わず幅広い薄毛の症状に対応する治療方法です。

 

 

重度の薄毛だと毛穴が見えないような状態になっている症状もありますが、そのような状態でも毛穴を作り出して発毛させることが可能です。

 

 

どのような原因であっても発毛できる頭皮へと導くのが再生医療です。

 

 

毛髪にはヘアサイクルがあります。
成長期から休止期までのサイクルが正常であれば健康な頭皮を保つことができます。

 

 

薄毛になるのは何らかの原因によってヘアサイクルが乱れてしまうからです。
薄毛を改善するためにはヘアサイクルを正常な状態に戻す必要があります。

 

 

HARG療法は、ヘアサイクルを正常に戻す治療方法です。

 

 

HARG療法では休止期になっている部分に成長因子を注入して毛母細胞の分裂を活性化します。

 

 

髪の成長に必要な栄養を送る部分を刺激することで毛母細胞に十分な栄養が届くようにします。
その結果、健康な毛髪が成長して全体のボリュームも戻ってきます。

 

 

成長因子を定期的に注入すれば毛髪の成長サイクルが整い、長期的に健やかな毛髪を保つことが可能になります。

 

 

HARG療法では独自のカクテルを投与します。

 

このカクテルはAAPEを加えたものです。

 

AAPEとは
成長因子を含んだタンパクで、成長因子は休止期にある毛母細胞を成長期に導きます。

 

 

HARGカクテルは成長期にある毛髪の成長を促し、髪の質を改善させることが可能です。

 

 

休止期の毛包に対して毛髪再生を促すことで、育毛効果や増毛効果が期待できます。

 

 

脂肪幹細胞は大きな注目を集めています。

 

 

HARG療法で使われている成長因子は脂肪幹細胞からウイルスフリーで製造されているので安全性が高くアレルギー起因物質が含まれていないというメリットがあります。

 

 

HARG療法を受けている患者の約半数は女性です。

 

 

薄毛治療の多くは男性型脱毛症に対するものが多いですが、HARG療法は女性も安心して受けられる薄毛の治療法として話題になっています。

 

関連ページ

「オクタペプチド-2」がスゴい!!
養毛料と薬用育毛剤との違い
養毛料と薬用育毛剤との違いについてまとめました。