化粧品と医薬部外品

 

ここでは養毛料と薬用育毛剤との違いを説明します。

 

 

髪が薄くなってきた・抜け毛が増えたように感じるなど毛髪トラブルは、頭皮ケアで何とかしたいと思うものです。ただ、頭皮ケアできるアイテムには色々な種類があります。

 

例えば養毛料と薬用育毛剤というアイテムがありますが、どのような違いがあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。

 

まず養毛料ですが、このアイテムは化粧品に分類されるものです。

 

分類としての化粧品は、確実な効果を明記することはできませんが、
緩やかな改善があるものです。

 

緩やかな変化ゆえ、副作用もないとされるものがほとんどです。

 

 

頭皮に潤いを与えて乾燥を防いだり、フケ・痒みを抑えるという作用などを発揮します。

 

髪を育てるという目的ではなく、髪と頭皮の健康を保つアイテムです。

 

 

今現在、髪が細くなった・少なくなったというトラブルはなく、あくまで髪と頭皮の健康をキープしたいという場合のケアに、養毛料は向いています。

 

 

含まれている有効成分も穏やかに効き目を発揮するものが多く、養毛料は刺激が少ないという点も特徴です。

 

肌が弱く頭皮トラブルが気になるという方や、脱毛予防のケアをしたいという方には養毛料がおすすめです。

 

 

一方、薬用育毛剤は医薬部外品となるアイテムです。

 

医薬品に準ずるもので、ある改善を目的とした有効成分が定められた量が配合されています。
効果がキチンと確認されていますが、医薬品レベルの強さでもないため、副作用もだいぶ緩やかなものです。

 

 

化粧品との大きな違いは
有効成分を明記できる
点です。

 

有効成分の明記は、
改善したい事に対する根拠がしっかり審査承認されていなくてはなりません。

 

 

育毛や脱毛予防に有効な成分が含まれています。

 

育毛剤の中には発毛を促す成分を配合していても、含有量が少なく化粧品扱いとなっている商品も少なくありません。

 

 

化粧品に分類される育毛剤は養毛料と同じく、あくまで髪や頭皮の健康維持の効果しか発揮しないのが特徴です。

 

 

 

薬用育毛剤はというと単なる化粧品と区別するために、医薬部外品に指定されている育毛剤の事を言います。

 

 

髪を育てる有効成分や、抜け毛を抑える有効成分の含有量が一定の量含まれているのが特徴です。

 

 

抜け毛を減らしたい、髪を増やしたいという場合は、医薬部外品指定となっている薬用育毛剤を選んだ方が良いでしょう。

 

 

有効成分が多く配合されている薬用育毛剤は、養毛料よりも効き目が優れている分、場合によっては副作用を起こしやすいと言われています。

 

 

直接育毛剤を塗布する頭皮に、痒みやかぶれ、炎症といったトラブルが起こりやすいようです。

 

 

元々、肌が弱いという方が薬用育毛剤でケアする場合は、少しずつ頭皮に塗るなどしてトラブルが起こらないか、まずは確認するところから始めましょう。

 

 

このように養毛料と薬用育毛剤には、大きな違いがあります。

 

 

購入する際は今の自分に適しているのはどちらのアイテムかを判断し、説明表示をよく確認して目的に合ったほうを選ぶようにしましょう。

 

 

そうする事によって、より効率的に髪と頭皮のケアを行えます。

関連ページ

毛根再生医療のHARG治療とは?
HARG療法は、男女を問わず幅広い薄毛の症状に対応する治療方法です。 重度の薄毛だと毛穴が見えないような状態になっている症状もありますが、そのような状態でも毛穴を作り出して発毛させることが可能です。
「オクタペプチド-2」がスゴい!!