タンパク質、ミネラル、ビタミン

抜け毛における直接的な原因は、頭皮の毛母細胞の働きが悪化することによります。

 

 

 

髪の毛を作ってくれる働きを持つもう母細胞は、歳を重ねることによって細胞そのものが弱ってしまった時や、
食生活の乱れ、ストレス、皮膚の表面上のトラブル、生活習慣猫、出産によって産後女性ホルモンのバランスが大きく見られる時などに低下するとされています。

 

 

 

このような状態が抜け毛や薄毛などの症状を引き起こすとされています。

 

 

抜け毛や薄毛を予防し、しっかりと解消するには、毛母細胞の働きを高める必要があります。

 

 

ここで重要なのは、髪の毛に必要な栄養素を効率よく摂取すること、
もう一つは栄養が十分に毛母細胞に行き渡るように頭皮の血行を良くすることです。

 

 

 

髪の毛に必要とされる栄養素は、タンパク質、ミネラル、ビタミンだと言われています。
特に良質のタンパク質を含むものや、亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富な緑黄色野菜、海藻、小魚などは不足しないように心がけることが重要です。

 

 

 

もちろんバランスが重要です。上記のような栄養素をしっかり取り入れながらバランスよく食事をとることが重要です。
頭皮の血行を良くするには育毛剤を使ったり、頭皮をマッサージすることが重要です。現在市販されている養毛剤のほとんどは頭皮の血行促進を目的としています。

 

 

 

使用感の良いものを半年程度継続して使いつければ効果が期待できましょう。
また、出産後等においては肩こりや首のコリをほぐしたり、生活のリズムを何とか規則正しく整えることが重要です。

 

 

頭皮や心身の緊張が解きほぐされ、結構良くすることが重要です。

 

 

栄養バランスを考えた食事をとり、頭皮の血行を促すことができれば、
抜け毛の解消や育毛の促進は不可能と言うことではありません。

 

 

 

ですが、1つ知っておきたいことが、

  • 皮膚炎
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能異常
などもの原因となる場合もあります。

 

 

不安になるほどの抜け毛や、異常な脱毛が起きた場合には医師に相談することも必要です。