70%が経験している

出産後に抜け毛で悩む女性はとても多く、
分娩後脱毛症や産後脱毛症と呼ばれています。

 

 

一般的な症状は、出産直後から毛髪がごっそり抜け落ちたり、
毛が細くなったりします。髪を洗うときに手にごっそりと抜け毛がからみついたりしますので、
はじめはびっくりするかもしれません。

 

 

ただ経産婦の7割が経験しているとも言われているので、あまり心配する必要はありません。

 

 

この産後抜け毛は、女性ホルモンの変化によるものと考えられています。

 

 

出産後は妊娠中に増加していた女性ホルモンの量が、
通常にまで減少し、体内では元に戻ろうと変化が起きている状態です。

 

 

それまで女性ホルモンの働きが強く、脱毛していなかった毛が一気に抜け落ちることになります。
また女性ホルモンだけでなく、育児のストレスなども抜け毛に影響してきます。

 

 

いったいいつまで産後抜け毛が続くのかというと、個人差はありますが、
一般的に産後半年から1年位で戻ることが多く、逆に1年以上戻らない場合は注意が必要です。

 

 

自然に治るものなので、特にケアは必要ありませんが、
もし抜け毛による薄毛が気になる場合には、カルシウムやタンパク質などを積極的に摂ると良いでしょう。

 

 

また、当サイトでもご紹介している通り
近年では産後専用の育毛剤もポピュラーになってきました。

 

 

女性にとって髪の毛が抜けるというのはショックなものですが、
あまり考えすぎず自然に回復するまで待つことが大切です。