男性のハゲとは違うの?

産後抜け毛は、分娩後脱毛症や産後脱毛症とも呼ばれ、
妊産婦の半数に見られる症状です。

 

 

出産後、2ヶ月くらいまでの間に始まり、抜け毛が増えたり毛が細くなったりします。

 

 

ハゲるのではないかと心配になるほどですが、
半年から1年の間に次第に治まりますので、気にし過ぎないでください。

 

 

よほどの事がない限り、ハゲるということはありません。
男性のハゲとは、そもそも原因が全く違うのです。

 

 

無事、元に戻るためには、
髪と地肌の栄養を考えながらストレスなく生活することが大切になります。

 

 

産後抜け毛の原因は、女性ホルモンの変化です。

 

 

妊娠中に増加していた2つの女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、
出産とともに通常の量まで減ります。エストロゲンには髪の成長を促す働きがあるため、
急激に減少すると大量の髪が抜ける可能性があります。

 

 

プロゲステロンには育毛を維持する働きがあるため、
妊娠中は増加していたプロゲステロンの影響で維持されていた髪は、出産後には抜けやすくなります。

 

 

その上、出産後は、ストレスや睡眠不足、子育ての疲労など、脱毛の要因もたくさんあります。

 

 

産後抜け毛は自然に改善しますが、
生活習慣を見直して規則正しい生活をするように心がけることで、早い改善が見られることもあります。

 

 

食事のバランスにも気をつけて、大豆製品を意識的に摂るようにしましょう。
大豆イソフラボンはエストロゲンに似た働きがあり、ホルモンバランスを整える作用があるからです。

 

 

しかしながら、大豆イソフラボンの摂取し過ぎは、女性疾患の原因とも関連しているので
適度な摂取が良いでしょう。

 

>>>産後専用育毛剤を使ってみた意外な結果