抜け始めてから?

出産後2から3か月後から始まる産後抜け毛は、
個人差はあるものの出産経験のある女性ならば大部分の方が経験する生理的な現象の一つです。

 

 

産後抜け毛の専門的な用語は、産後脱毛症または分娩脱毛症となっています。

 

 

シャンプーするたびに髪のボリュームが失われていくので、
いったいいつになったら抜け毛が治まるのだろうか、もしかするとこのまま禿げてしまうのじゃないのかと心配になるでしょうが、
平均的には抜け始めてから半年ほどまでが産後抜け毛のピークとなっています。

 

 

出産した赤ちゃんがよちよちと歩き始める1歳半ごろには
抜け毛が治ったと感じる人が大部分ですので、自然に治るものと考えてもらってかまいません。

 

 

産後抜け毛自体は自然なことですので病気ではありませんが、
毛根や頭皮に負担がかかりやすいロングヘアの人や元々薄毛の人、
ストレスに影響されやすい人の中には治る期間が長引く可能性があります。

 

 

円形脱毛症やびまん性脱毛症へ移行してしまう事も心配されています。
育児にはストレスはつきものですが、抜け毛には危険です。

 

 

また、高齢出産の場合若い人よりも産後抜け毛の期間が長引き、
髪質も弱くなるなどの影響が残る傾向が強い
です。

 

 

2人以上出産経験のある人に聞くと、初産の時は抜け毛がすごかったが、
2人目の時は抜け毛も少なくて治るのも早かったと感じる場合が多いです。