ホルモン変化

最初の出産の時にはそれほど抜け毛が気にならなかったのに、
下の子を産んでから急激に行きになってきたと言う方がいらっしゃいます。

 

 

 

妊娠した場合、胎盤からたくさんのホルモンが分泌されることになります。
お母さんの体はこれによって、様々な変化が生じます。

 

 

 

分娩によって胎盤がなくなったと同時に、ホルモンの変化が急激に起こり、
この変化に体がついていけないために様々な症状が現れることになります。

 

 

 

出産後に精神的な問題が起きやすくなるのもホルモンの変化が関係しています。
下の子産んでからなぜか起きる抜け毛の場合もホルモンの変化による問題の1つだと考えられます。

 

 

一般的には、妊娠中から分娩、授乳期間においても髪の毛についてはそれほど影響がないことが多いのですが、
中には妊娠している時から抜け毛が多くなってくる方もいらっしゃいます。

 

 

 

さらに妊娠中は特に抜け毛はおこっていなかったのに、出産した後急激な抜け毛に悩まされる人もいらっしゃいます。
ですが、このような悩みも時間が経つにつれて自然と回復してくるものです。

 

 

ですがあまりにも抜け毛がひどい場合には、次の髪の毛が生えてくるまでにかなりの髪の毛の量が少なくなってしまうことも考えられます。
通常抜け毛の原因を考えるときに問題になってくるのが、頭皮の乾燥、髪の毛のもう魂の栄養状態が悪い、血流状態が悪化していると言うことです。妊娠によるホルモンの変化が頭皮の血流に悪影響を及ぼしている可能性もあります。

 

 

 

 

まず1番簡単な抜け毛ケアの方法としては頭皮マッサージを行うことと言えるでしょう。
しかしながら、通常抜け毛は平均的に起きています、今まで気にしていなかっただけでいちにち70本から100本は抜けるとされています。

 

 

 

出産後は精神的にもかなりナイーブな状態にありますので、
特別気になってしまっているだけの可能性も考えられます。
抜け毛はストレスにも大きく関連しているので、あまりにも不安になるようでしたら皮膚科に相談することも良いでしょう。