精神的な抜け毛対策

副交感神経を高めることによって血液を隅々まで行き渡らせることが重要です。特に抜け毛に悩んでいる際には頭皮の血流が滞っていることが多いため、意図的に副交感神経を高めることによって血流を流し抜け毛を減らす方向にもって行く方法が重要になります。

 

 

自律神経は交感神経と副交感神経の2つがあります。

 

交感神経は日中活動したり、よりしっかりとした行動を起こすためには重要な神経になります。

 

 

交感神経が高まることによって、体は緊張したり、興奮状態になることになります。

 

 

これに対して、副交感神経は体がリラックス状態になり、緊張状態から解放されることになります。
これらはどちらが極端に活発になっていても良いものではありません。同じようなバランスで常に行き交っていることが重要です。

 

 

しかしながら大きなイベントである妊娠出産を境にストレスが加わり副交感神経ががくんと下がることがあります。それにより血流が悪化します。頭皮にしっかりと血流を行き渡らせたいと考えるであれば、副交感神経を高めることが重要なのです。

 

 

これには日常的な生活を規則正しく合わせることが重要になります。
いろいろなところで言われていますが、やはり睡眠不足は避けたいところです。

 

 

睡眠不足が長く続いてしまうと副交感神経は機能が低下します。

 

 

さらに年齢を重ねることによって睡眠の質はどんどん低下してゆき深い眠りにつくことが難しいとされてきますが、これによって副交感神経が低下し、内臓の調子も悪くなり血液の流れも悪くなっていくのです。

 

 

また適度な温度で入力することも重要です。
あまりにも長湯をする必要はありませんが、リラックスできる程度にしっかりとお湯につかることが重要です。

 

 

 

これにより自律神経のバランスが整い交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズになるのです。
出産後の抜け毛に悩んでいるのであれば、まずはリラックスできる瞬間を多く作ることから始めましょう。

 

 

それにはお風呂と睡眠が1番になるのではないでしょうか。
赤ちゃんの夜泣きが気になって眠れないといったこともありますが、夫婦で協力することによってできる限りさんごのリラックスタイムを作るように心がけてみましょう。出産後の抜け毛はストレスに大きく関連しているということを常に意識しておきたいものです。

 

 

就寝前にぬるめのお湯にゆっくりつかるだけでも充分です。
自律神経が整いリラックスできます。
温度は40度弱位がちょうど良いとされています。時間としては10分程度を目安にしましょう。