血液をさらさらにして産後抜け毛を回復!


出産後の抜け毛の対策として、髪の毛の根本的な改善を狙うのであれば、頭皮にしっかりと栄養が行き渡るように頭皮の血流を良くする食材を毎日の食事に取り入れることが重要です。

 

 

 

特に

  • ビタミンE
  • ビタミンC
  • カプサイシン
  • 硫化アリル
等は意識したい成分です。

 

 

まずビタミンeを効果的に摂取し、血管を拡張し血流を促すとすれば、かぼちゃです。

 

 

ビタミンEは
脂溶性になりますので、体の中に長く滞在してくれます。
かぼちゃのほかにアボガド、オリーヴ油などにも多く含まれているとされます。

 

 

ビタミンCは、
柑橘類と言ってイメージが多いかもしれませんが、ブロッコリーが多いとされています。

 

 

ビタミンEとビタミンCを合わせることによって血液の中の活性酸素を除去してくれるとされています。

 

 

ブロッコリーのほかに、キウイフルーツや柿などにも多く含まれています。
体に蓄積することができないので、こまめに摂取したいものです。

 

 

玉ねぎに含まれている硫化アリルは、血液をサラサラにしてくれる作用があるとされています。

 

 

辛いものにたくさん含まれている唐辛子、ここに多く含まれている成分でカプサイシンがありますが、そのそもも血流を良くする効果があります。

 

 

しかしながら刺激物であるため、胃腸に問題を持っている場合には摂取を考えなくてはなりません。

 

 

青魚に多く含まれているEPA、デDHAも動脈硬化を予防してくれたりと良いことが多いとされています。

 

抜け毛を防ぐ食品にもいろいろなものがあります。抜け毛を防ぐことを目的にしたものや、頭皮を正常に保つといった趣旨のために必要な栄養や食品などがあります。目的に合わせて効果的に摂取するのが良いでしょう。

 

産後の抜け毛を予防する食べ物は?


まず大切なのは大豆イソフラボンです。

 

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似ている働きをしてくれる栄養素になります。
更年期の抜け毛にとっては積極的に摂取したい栄養素になります。

 

 

しかしながら摂取条件もあります。

 

 

いちにち約75ミリグラムだと言われています。

 

 

納豆であれば2パック食べる位が大豆イソフラボンのいちにちの摂取量に該当します。

 

 

大豆関連の食品にはタンパク質が豊富に含まれているため髪の毛の原料になる栄養になります。

 

 

大豆系の食品と同時に摂取することで抜け毛予防にひと役買ってくれるのがタンパク質の代謝に利用されるビタミンB6です。

 

 

またゴマに含まれているリグナンと言う成分もエストロゲンに近い働きをしてくれるため、高い抗酸化作用が期待できます。

 

 

亜麻仁油にも多く含まれている成分です。

 

 

出産後の抜け毛は女性ホルモンの分泌バランスが崩れていることにより増加します。

 

大事に含まれているイソフラボンを効果的に摂取することにより抗酸化作用が期待できるのでお肌の健康を保つといった意味でも有効な食品になります。

海藻だけでもダメ?

日本人は、外国人に比べて髪の毛の問題が少ないのが今まででした。

 

ですが最近は薄毛や抜け毛の悩みを持つ人が増加傾向にあります。

 

 

これは食生活の欧米化が進んでいる結果と言えます。

 

 

 

産後の抜け毛にはホルモンバランスも大きく関係してきますが、
そもそも薄毛の原因の多くは、髪の毛そのものではなく、抜けやすい頭皮の環境に依存していると言えます。

 

 

脂肪の多い食生活を続けていると皮脂腺が広がってしまい、
これに伴って毛穴も大きくなってゆきます。

 

 

 

産後、血流が滞ってしまい、頭皮や重要な栄養素が循環しなくなってしまうと、
広がってしまった毛穴から毛が抜けやすくなります。

 

 

 

広がってしまった毛穴はツボ状になってしまい髪の毛が生えてきたたとしても、
穴が広くてしっかりと固定されないため、髪の毛そのものが細く、ちょっとした刺激でも簡単に抜けやすくなってしまいます。

 

 

 

つまり産後抜け毛の対策として、最も基本的になるのは食事です。

 

 

抜け毛の進行を食い止めるために有効な手段としては、
昔ながらの野菜や魚中心の和食に切り替えることが重要なのです。

 

 

昔から髪の毛には海藻類が良いと言われていますが、
これは確かにミネラルと言う点では当たっているのですが、
1つの食材だけを食べ続けていれば髪が抜けないということでは無いのです。

 

 

 

あくまでも基本はバランスの良い和食を心がけることが重要です。
強いて考えると知れば、ミネラルは現代人の食生活においてとても不足しやすいと言うことです。

 

特に亜鉛不足などは味覚障害を起こす形となってしまい有名です。