髪質は数百種類?

髪の毛には硬い髪の毛、柔らかい髪の毛がありますが、厳密に考えると髪質は数百種類もあると言われています。そのため細かく考えると、個人差が出てきてしまうため硬い髪の毛と柔らかい髪の毛にざっくりと分ける事は難しいとされています。

 

 

 

しかしながら、一般的に硬い髪の毛と柔らかい髪の毛の大きな違いは柔らかさです。
当然のことになるのですが、髪の毛のカット、パーマなどの視点から考えると判断が難しいところでもあります。髪の毛のキューティクルを基本に考えてみると、キューティクルの並びが密接になっていればいるほど髪の毛が硬くなるとされています。一般的には遺伝によるところが大きいため、後天的に髪の毛が硬くなると言った事は起きにくいとされています。

 

 

髪の毛の硬い人は、短髪にしてしまうと髪の毛が立ちやすくなってしまいますし、パーマもかかりにくくなっています。どうしてもパーマをかける際には、弱めにかけるのが良いでしょう。パーマをしなくて済むのであれば、無理にかけなくても良いでしょう。

 

 

 

これに対して髪の毛が柔らかい場合、一般的にはメリットに感じることが多いようです。しかしながら、キューティクルの並びが辛くなっていることが多いため、刺激や、栄養を失うことが多くダメージに弱く、乾燥しやすいといった欠点があります。ヘアケアには最新の注意を払わなくてはなりません。柔らかい髪の毛はパーマがかかりにくいといったデメリットがあります。

 

 

 

そのため髪の毛がつぶれてしまいやすく、ボリューム感を出すことが年齢を重ねるごとに難しくなってきます。髪の毛が柔らかい場合には、もともとダメージを起きやすい髪質になっているため、パーマをかける時にも強さを調節する必要がありますし、そもそもかかりにくい髪質でもあるので別の髪型で大丈夫なのであれば無理にパーマはかけない方が良いでしょう。