女性ホルモンを補充

産後に抜け毛がひどい場合があります。
それは、子どもを出産することで女性ホルモンのバランスが大きく崩れることで起こります。

 

 

出産はホルモンバランスが大きく変わってしまうもので、出産によって体調など変化することもあります。
その中で起こりやすいのが抜け毛です。

 

 

女性ホルモンの量が出産によって減ってしまい、代わりに男性ホルモンの量が増えてしまうのです。
急激にその現象が起こるために、髪の毛が抜けることがあり、ごっそりと髪の毛が抜けて薄毛になってしまうこともあります。

 

 

 

髪の毛のハリやコシがなくなって、細くなってくるので男性の薄毛のようになるような人もいます。
抜け毛は一時的なものなのですが、女性にとっては髪の毛が失われることは大きなストレスになってしまいます。

 

 

 

そのときには婦人科に行って診察をしてもらいましょう。
産後のときや更年期障害のときに飲むと有効な女性ホルモンを補充する薬を処方してもらえます。
>>>母乳への影響が心配なので薬は飲みたくない時の天然成分【産後育毛剤TOP3】

 

 

薬は女性ホルモンのバランスを元に戻すため、女性の抜け毛にも効果があるのです。
ひどい抜け毛の場合でもホルモンが関係しているので髪の毛が生えてくる効果があります。

 

 

子どもにも影響するものなので、婦人科の医者と相談しながら薬を飲みましょう。

 

産後の抜け毛薬として有名なのはフロジン液です。