エストロゲンの分泌量が元の状態に戻ったことによる変化

女性ホルモンのエストロゲンは、妊娠すると分泌量が急激に増加します。

 

これは、妊娠を継続させると共に、産後の母乳を出す準備や子宮内膜を増加させるなどを目的としています。
なお、この物質は美のホルモンと呼ばれている様に、肌や頭髪を美しくするコラーゲンの生成をサポートしているので、妊娠中の女性は最も輝いた状態となります。

 

さらに、エストロゲンは頭髪の成長を長引かせるという作用があり、妊娠中はこの特徴が顕著に発揮されます。
具体的には、頭髪は成長期、退行期、休止期の順番に移行しているのですが、妊娠中は休止期への移行を抑制されます。

 

これにより、頭髪が全く抜けないということになるので、普段よりも黒々とした状態となります。

 

 

しかし、この魔法がかかった様な状態は出産により元に戻るので、その反動の様な作用があらわれることになります。

 

産後抜け毛は、エストロゲンの分泌量が正常化したことによる減少で、妊娠中に退行期にとどまっていた頭髪が一挙に休止期に移行することにが原因です。毛根の状態が正常であれば再び成長期に移行するので、心配しなくても元の頭髪に回復します。

 

ただし、このエストロゲンの急激な減少により、円形脱毛症が発症した場合は、楽観視できない可能性があります。
現在は、かなりハイレベルな治療を実施している医療機関もあるので、早めに受診するのが適当です。

 

この様に、産後脱毛症と円形脱毛症が同時に発生する原因とは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が元の状態に戻ったことによる変化ですが、状態に合わせた適切な対応が必要となります。