すすぎがキモ

一般的に発売されているシャンプーの売り所は、髪の毛に優しい、髪の毛をつやつやにする、
といった髪の毛そのものに注目した商品が多いですね。

 

 

ですが、本来シャンプーをする目的は髪の毛を洗うわけではなく、頭皮を洗うことになります。
もちろん最近では、頭皮クレンジングのできるシャンプーも増えてきていますね。

 

 

髪の毛を洗うことばかりをイメージしてしまい、頭皮の天井がしっかりできていないと、
髪の毛そのものに悪影響が及ぶことになります。

 

 

髪の毛は頭皮から生えていると言うことをしっかりイメージして、根本をケアすることを大切にしましょう。
髪の毛の薄い人間の中には乾燥肌の方もいらっしゃいますが、皮脂の分泌の多い人の方が脱毛になりやすいということがわかっています。

 

 

皮脂が多くなってしまうと、毛穴の大部分を脂が被ってしまうことになります。
そうなると十分な栄養が髪の毛に行き渡らなくなるため髪の毛が遅くなってしまいます。

 

 

このようなタイプの方は、頭皮の皮脂をきちんと取り去ることが重要になってきます。
そういった意味でキャンプを毎日行うことが重要なのです。さらにシャンプーを行うことによって、
1番重要な事はきちんとすすぐことです。

 

 

 

いい加減にすすいでしまうとシャンプーが頭皮に残って、炎症を引き起こす原因になってしまいます。

 

 

これは脱毛の直接的な形になってしまうケースも多いのです。シャンプーとすすぎのバランスとしては、
目安として、シャンプーで洗っている時間と同じ位の時間をすすぐ時間に使うようにしましょう。

 

 

 

洗うときは指の腹を使って爪が当たらないように後頭部の襟足の生え際から、上に向かって地肌を中心に洗って行きます。
髪が生えている流れに逆らうように洗うことがポイントです。そうすることにより地肌をしっかり洗えることができるので、頭皮の脂を取ることができます。

 

 

 

 

長時間新すぎるのではなく、1回目で軽く全体の汚れ落とし、2回目でマッサージしながら洗うと言うイメージが良いでしょう。
また頭の上の部分や、髪の毛が薄くなっている部分は力を入れずに丁寧に洗います。

 

 

 

頭頂部は皮脂の分泌が盛んになっている場所になるので、頭頂部から髪の毛がうすくなっていくケースが多いとされています。
髪の毛が抜けている部分を、洗わないと避けていると、いっそう脱毛の可能性になります。

 

 

 

その後リンスの使い方にも注意が必要になります。
リンスは髪の毛の摩擦抵抗を低くしたり、指通りの良い状態にする事を目的とした人口の意思になります。

 

 

 

そのため、頭皮に付着しないように髪の毛だけにつけるのがベストです。
その後育毛剤などは、シャンプーで取り除いた後に頭皮につけることで高い効果が期待できます。

 

関連ページ

毎日の抜け毛ケア〜頭皮ケア
毎日の抜け毛ケアから頭皮ケアまで説明します。
産後のポーラスヘアとは?
産後のポーラスヘアについて説明しています。
ハーグ療法の効果
ハーグ療法の効果について
女性の抜け毛〜ホルモンバランスの乱れ
女性の抜け毛におけるホルモンバランスの乱れについて説明しています。
頭皮ツボマッサージの効果
頭皮ツボマッサージの効果について
女性も知っておきたい男性の脱毛原因
男性の脱毛原因について
炭の育毛効果〜炭シャンプーはどうなの?
炭の育毛効果について
髪の毛のピークは30代?KAP5遺伝子の重要性
髪の毛のピークについて説明しています。
頭皮が硬いと薄毛?皮脂が多いのもダメ?
頭皮が硬いと薄毛になるといういわれについて
ノンシリシコンシャンプーは、本当に髪の毛に良いのか?
ノンシリシコンシャンプーについて
髪の毛と腸内環境の関係
髪の毛と腸内バランスについて説明しています。
出産後、頭や背中がかゆいのは?
出産後、頭や背中がかゆい原因
産後の抜け毛に女性用育毛剤は効果なし?
女性用育毛剤の効果について説明しています。
女性の髪質の違い〜似合うヘアスタイルと傷み防止
女性の髪質の違いについて