ミューノアージュ育毛剤を選んだ理由・実感・悪かったこと


私がミューノアージュ育毛剤を使い始めたきっかけは、加齢による髪質の変化や抜け毛や薄毛を何とかしたいという思いからでした。

 

 

髪の毛や頭皮の悩みは年々深刻化してきています。

 

  • シャンプーをするたびに髪の毛が大量に抜ける
  • 分け目の薄毛が気になる
  • 頭皮が乾燥したり脂っぽくなったりする
  • 髪の毛のボリュームやツヤや潤いやコシが無くなってきた

などがそれにあたります。

 

 

見た目年齢にも大きく影響してしまうので、積極的な対策が必要だと思いミューノアージュ育毛剤を使い始めることにしました。

 

ミューノアージュを選んだ理由

女性の頭皮や髪の毛の悩みを解消させることが出来る育毛剤は様々なメーカーやブランドから様々な種類のものが市販されていますが、その中から私がミューノアージュを選んだ理由は、

  • 満足度92%で口コミの評判が良くたくさんの人に支持されているので信頼できる
  • クリニック発想ならではの根本育毛ケアが出来る
  • 整えて育てるというダブルステップでしっかりとアプローチすることが出来る
  • グリチルリチン酸やオクタペプチドやヒアルロン酸やセンブリエキスなどの魅力的な有効成分がたっぷりと配合されている、香料や着色料やアルコールや鉱物油や石油系界面活性剤や防腐剤などが使われておらず無添加で肌に優しいので安心して使い続けることが出来る
  • お試しキットがあるので始めやすい
  • コンセプトが明確で共感しやすい

などがあります。

 

ミューノアージュ育毛剤を使った実感

ミューノアージュ育毛剤を使った感覚を書きます。

 

朝晩2回、乾いた髪の毛の状態のときにくしでとかすように頭皮に馴染ませるだけなのでとても簡単で手軽に無理なく続けることが出来ました。

 

肌馴染みが良く頭皮にスーッと有効成分が浸透していく感覚がありました。

 

 

無香料なのでヘアフレグランスやスタイリング剤との香りの相性を気にせずに使うことが出来るというのも嬉しいポイントです。

 

 

ミューノアージュで良かった事は、

  • 使い続けるにつれてどんどん頭皮や髪の毛のコンディションが良くなっていく
  • カラーの色落ちを気にせずに使用することが出来る
  • コストパフォーマンスが高い
などがあります。

 

ミューノアージュで悪かった事

ミューノアージュで悪かった事は、乾いた髪の毛の状態で使用することに最初は慣れない、即効性があるわけでは無いので使い始めは不安になるなどがあり、どのくらい続けるべきなのか、本当に効果があらわれるのかという思いがありました。

 

 

しかし、毎日の習慣として積極的に使い続けたところ、私の場合は2ヶ月程度で効果を実感することが出来ました。頭皮環境が健やかになり美しい髪の毛に導くことが出来ました。

 

 

使う人へのアドバイスを書きます。
続けることに意味がありますので、まずは2ヶ月続けてみましょう。

 

 

オクタペプチド-2の発毛効果や薄毛・抜け毛への作用


近年注目を浴び、ミューノアージュ育毛剤のみに配合されるようになった成分にオクタペプチド-2があります。

 

 

オクタペプチド-2は
女性の抜け毛に対して非常に効果の高い成分であるため、
一般的な育毛剤へは配合できない成分です。

 

オクタペプチド-2はグロースファクター(成長因子)の一種で、8種類のアミノ酸がペプチド結合したものです。

 


その主な働きは毛のバルジ領域と呼ばれる部分を活性化させること。

 

 

バルジ領域とは比較的近年になって発見された毛の領域のことで、毛包幹細胞と色素幹細胞という毛髪に深く関わるふたつの幹細胞が存在するとされています。

 

 

毛包幹細胞は毛の元である毛母細胞へと分化する細胞です。

 

 

バルジ領域がオクタペプチド-2によって活性化すると、毛包幹細胞が毛母細胞へと分化され、分裂をはじめ、発毛していきます。

 

 

毛包幹細胞の活動が活発だと、
髪は健やかに成長しますので抜けにくくなり、抜け毛の改善も期待できるようになります。

 

 

また、バルジ領域にある色素幹細胞は色素を注入し髪を黒くするメラノサイトをつくります。

 

 

ここが活性化されることで、毛に黒々とした色がつき、
産後白髪の予防にもつながります。

 

オクタペプチド-2はハゲてしまった頭にも有効


頭髪を含め、身体に生えている毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあります。

 

 

毛周期とは、毛がぐんぐん伸びていく成長期、成長をとめる退行期、成長を休む休止期からなる一連の流れのことです。

 

 

一連の周期を経たあとは再び成長期に入って毛髪が生えてきて、伸びきった後は退行期に入り、といった調子でこのサイクルをぐるぐると繰りかえしているわけです。

 

 

頭髪は身体の毛と比較して毛周期が長く、成長期が2〜8年、退行期は2〜3週間、休止期は2〜3カ月と言われています。

 

 

そして、とくに毛周期に乱れがなければ9割の頭髪が成長期にあるとされています。

 

 

ところがAGAなどの脱毛症になると、この毛周期が乱れるようになります。

 

すると成長期が短縮されて退行期、休止期にすぐ移行するようになるのです。

 

 

さらに、休止期にはいると次の成長期になかなか入らなくなります。

 

 

そのため抜け毛がひどくなり、次の毛が生えないので薄毛や禿頭になっていくのです。

 

 

オクタペプチド-2はその状態の髪にも有効です。

 

 

バルジ領域が活性化されて毛母細胞が分裂するようになり、成長期に入って発毛するようになります。

 

 

生えてきた毛は健康なので抜けにくく、抜け毛の減少も期待できるでしょう。

 

 

オクタペプチド-2はシンプルな構造をしています。

 

そのため身体が吸収しやすく、安全で副作用の心配も比較的少ないと言われています。

 

ミューノアージュ育毛剤の口コミ体験談記事一覧

新しい薄毛の治療法として注目を集めているのがHARG療法です。HARG療法は、男女を問わず幅広い薄毛の症状に対応する治療方法です。重度の薄毛だと毛穴が見えないような状態になっている症状もありますが、そのような状態でも毛穴を作り出して発毛させることが可能です。どのような原因であっても発毛できる頭皮へと導くのが再生医療です。毛髪にはヘアサイクルがあります。成長期から休止期までのサイクルが正常であれば健...

ここでは養毛料と薬用育毛剤との違いを説明します。髪が薄くなってきた・抜け毛が増えたように感じるなど毛髪トラブルは、頭皮ケアで何とかしたいと思うものです。ただ、頭皮ケアできるアイテムには色々な種類があります。例えば養毛料と薬用育毛剤というアイテムがありますが、どのような違いがあるのか分からない人も多いのではないでしょうか。まず養毛料ですが、このアイテムは化粧品に分類されるものです。分類としての化粧品...